CD

音楽CDが一番わかりやすいと思いますが、データを焼きつけておく円盤のことです。
音楽データを焼くことでCDプレイヤーに入れたときに音楽が流れますが、最近はパソコンを使ってデータをCDに焼く場合も多く、データ保存の方法としても使われています。

CDはコンパクトディスクの略称です。
音楽を入れておいたり、CD-RやCD-RWにはパソコンのデータ、音楽、動画なども取り込めます。ただ、ダウンロード配信が可能になり、CDが使われなくなってきています。

ページのトップへ戻る