利用される電子線香

安全面における問題を考慮すると、どうしても家の中で火を使うという事は避けたいという人もいる様です。しかし、家の中に仏壇があるという場合には、線香をお供えする必要が出てきます。

そこで、火を使用する必要がない電子線香と呼ばれる物があります。電池で明かりを灯す事ができる様になっていますので、必要な時には電源を入れるだけです。

万が一、倒れてしまう様な事があった時にも安心ですね。マンションなどであれば建物の都合で火を使いにくいという人もいる様ですし、もしくはついうっかりしてしまう事が多いという人や、忙しいので目を離している時間が長くなってしまうという時におすすめです。

お香の焚き方は簡単です。特に面倒だと感じる事はありません。火の扱いさえ気をつければいつでも楽しむ事ができます。お香を焚いている間はその場を離れない様にしましょう。

目を離した間にお香が倒れてしまう事もあります。時間がない時はできるだけ燃焼時間が短い物を選ぶと便利です。特にコーンの形のお香は燃焼時間が短いようです。

気をつけたい事はお香をお香立てにしっかりとセットする事です。灰がこぼれてしまわない様にしましょう。特にスティックタイプの物は注意が必要です。

ページのトップへ戻る