美容整形と豊胸

赤ら顔は、正式には毛細血管拡張症と言います。 末梢血管の循環うっ血が原因である場合がほとんどで、温度が上昇した時や、興奮、緊張状態の時に頬が赤くなります。

また、寒冷地で生まれ育った人や、内分泌ホルモン系機能障害を持っている人に起きやすいとされています。赤ら顔は美容整形で改善することができます。

以前は電気分解法と呼ばれる方法での美容整形が一般的でしたが、 現在多くの美容外科ではレーザー治療を行っています。使われているのは皮膚の血管にだけ反応するレーザー治療機なので、跡が残ったりすることがありません。

また、施術後すぐに化粧することもできるのもこの治療方法の魅力です。

ページのトップへ戻る